持ち運びができる

USBの機能について

USBはメモリーの一種であります。これは軽量化かつ小型で持ち運びが便利なメモリーになっています。USBがあることによって便利になっていることがあります。それは企業などではプレゼンなどをする時にデータをUSBに入れておけばプレゼンをする時にUSBさえ持っていればデータを入れておくことが出来ます。このようにデータを持ち運ぶことが出来ます。それによってデータのコピーも行うことが出来るようになりました。これはまだUSBがなかった時はデータの持ち運びをすることがままならなかった場合いちいちパソコンごと持ち運ぶことになります。それはとても大変なことになります。それを改善したのがUSBという存在です。このようにUSBは手軽にデータを見ることが出来ます。

メモリーのセキュリティにつて

最近では情報漏えいなどのセキュリティに関わるニュースをよく見ると思います。例えば企業のデータが流出していたりハッキングを行って企業に膨大な損失を与えたりなどと言ったことがあると思います。これはUSBにも同じことが言えます。USBは簡単にデータを入れたりすることができる反面セキュリティが最も手薄になっていました。ですが最近ではセキュリティが搭載されています。これは情報漏えいなどを起こさないために付けられた機能です。これはセキュリティが甘いUSBにはかなり強化したセキュリティを付けられています。何故そのような機能が付けられているのかというと簡単に第三者へ情報が漏れてしまう可能性があるからです。それを防ぐためにセキュリティが付いています。